歌詞KASIソングCDドットコム

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌詞KASIソングCDドットコム

ここでは様々なアーティストの歌詞について持論を述べていきます。どなたでもコメント可能にしてあります。ただし誹謗中傷はやめてください。このブログではあらゆる曲をレビューしていきます。豆知識でも耳よりな情報も発信していきたいと思っています。多少の荒らし&コメント欄での会話はどんどんやってくださいね💛PC表示とスマホ表示で違う見た目となっております。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「また逢う日まで」 「尾崎 紀世彦」

歌詞レビュー dandeな記事

こんにちはdandeです。今回は「尾崎 紀世彦」さんの「また逢う日まで」をレビューしたいと思います。

「また逢う日まで会えるときまで別れのそのわけは話したくない」

「ふたりでドアをしめて、ふたりで名前けして」

「その時心は何かを、話すだろう」

 

名曲だと思います。人には話したくない過去があると思いますが

「ふたりでドアをしめて、ふたりで名前けして」 もう、会えない

会えない 気持ちがおかしくなりそうです。

「その時心は何かを、話すだろう」  過去の事が走馬灯のように

よみがえる。話したい、叫びたい、気持ちがおかしくなります。

 

div class="youtube" data-video="http://www.youtube.com/embed/LL9kcGra9Rs?rel=0&autoplay=1">

このエントリーをはてなブックマークに追加